日比野研究室
(総合工学プログラム)
中国チベット自治区羊八井(4,300m)でのチベット空気シャワー観測実験。背景は6,000m級のニェンチェンタングラ山脈。 アンデス高原(ボリビア・チャカルタヤ山プラトー)でのALPACA実験。背景はチャカルタヤ山(5,400m)。 東京大学宇宙線研究所乗鞍観測所での雷放射線実験(標高2,770m)

HOME

宇宙粒子から地球や宇宙を探る

宇宙の神秘を探る研究は、我々人類に絶大なる夢と希望を与えてくれます。我々はその研究過程で多くの「ものつくり」を行い、新たに開発された様々な技術を社会へ還元しています。工学と理学との強力なタッグこそが宇宙研究の原動力です。本研究室では、地球や宇宙環境にある(または地球に到来する)高エネルギー放射線を観測するためのセンサーやシステムの技術開発を通して、試作された装置を国内外の観測拠点に設置して観測を行います。また、数理的な分析手法や物理シミュレーション技法の開発を行うともに、実際に観測で得られたデータの分析をして、地球や宇宙の謎の解明を行っています。

6号館屋上の宇宙粒子観測装置

 研究室ニュース

 

2020.3.23

卒業祝賀会を内輪でやりました

2020.2.11

2019年度卒業研究本審査会が行われました

2019.12.26

忘年会やりました

2019.10.05

卒業研究予備審査会が行われました

2019.8.23-9.5

南米ボリビアのチャカルタヤ山中腹にALPAQUITA空気シャワー観測装置建設開始

2019.7.24-8.2

米国ウィスコンシン大にて宇宙線国際会議2019に出席

2019.7.22

2019年7月17日 乗鞍岳宇宙線観測所にて雷放射線観測開始

2019.7.3

「かに星雲から史上最高エネルギーのガンマ線を観測」に関する記者説明会を行いました

2019.4.4

M1がやってきました

2019.4.2

新3年生がやってきました

2019.3.19

卒業式が行われました

2019.3.1-11

ボリビアにALPAQUITA実験建設のために出張してきました

2019.2.11

2019年2月11日卒研審査会が行われました

これ以前

 その他のニュース